中高生などの思春期の人が酵素ダイエットを行う場合の注意点

ダイエット効果が高く、キレイに痩せられると話題になっているダイエット方法の一つに、酵素ドリンクダイエットがあります。

ダイエットに対する関心度が高い中高生の間でも、酵素ドリンクダイエットは話題になっているようですが、成長期の人たちにも安全なダイエット法と言えるのでしょうか?

酵素ダイエットってどんなダイエット方法?

人の体内には、消化酵素と代謝酵素の二種類の酵素がありますが、過食や生活習慣の乱れから代謝酵素が少ない人が増えています。

代謝酵素が体内から減ると、基礎代謝が落ち体内の毒素を排出しにくくなり、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

そこで三食のうちの一つを酵素ドリンクにしてみたり、短期間の断食をしてみるにより消化酵素の働きを抑制し、代謝酵素の働きを活発にさせます。

そして、酵素ドリンクやサプリで酵素を積極的に取り入れることによって、基礎代謝が上がり減量が期待できるというのが酵素ダイエットです。

中高生が酵素ダイエットを行う場合のリスクってあるの?

中高生というのは、いわゆる成長期ですので酵素ダイエットに限らずダイエットを行うことはすすめられないという意見があります。

また、成長期の時期は基礎代謝も高いため代謝酵素の働きも活発であるため、わざわざ酵素をドリンクやサプリの形で取り入れる必要はないという意見もあります。

ですが、栄養を取り入れなければならない成長期に、一食酵素ドリンクに置き換えたり断食を行ったりする酵素ダイエットは、気をつけなければ体調を崩す可能性もあります。

中高生が酵素ダイエットに挑戦したいと思ったら

中高生は成長期ですので、ダイエットを行う時には慎重にスタートさせる必要がありますが、決して酵素ダイエットはやってはいけないというわけではありません。

まずは、酵素ダイエットがどのようなものなのか、また酵素ダイエットの正しい行いかたをしっかりと調べたうえでスタートするようにしましょう。

また、一食置き換え法よりもファスティングつまり断食法の方が、減量効果が高いという意見もありますが成長期の方の場合は、一食置き換え法を試してみてください。

なぜなら、一食置き換え法の方が栄養摂取の面でのリスクが低く、無理することなく続けることができるからです。

酵素ドリンクからは、たんぱく質や脂質が摂取できないため一食置き換えダイエットを行う場合は、たんぱく質と脂質をバランスよく摂取できる食事を取るようにしましょう。

これは中断すべき?酵素ダイエットのNGケースついて

ダイエットに関心をお持ちの方であれば、一度は酵素ダイエットというダイエット方法について聞いたことがあると思います。

健康的に痩せられるという意見をよく聞きますが、体質的に合わない、もしくは中断したほうがよい場合もあるのでしょうか?

酵素ダイエットを行うことによって起きるかもしれない好転反応

現代人の体内には代謝酵素が少なく、そのため基礎代謝が下がり痩せにくく太りやすい体質になってしまっておられる方が多いようです。

そのような方は、酵素をドリンクやサプリの形で取り入れることにより、代謝酵素が増え体内に溜まった毒素が排出され減量することが期待できます。

ですが、体内に溜めこまれていた毒素が体の外に排出される際に、倦怠感や吹き出物などの好転反応の症状が出る場合があります。

これは体から不必要なものが排出され、体質が変化しているサインなので特に心配する必要はありませんが、水分をたくさん取ることにより、症状を和らげることができます。

こんな時は酵素ダイエットを一時中断すべき

酵素ダイエットをスタートさせて、好転反応とは言えないほどの倦怠感や疲れを感じる時には、酵素ダイエットを中止し体力を回復させるようにしましょう。

特に酵素ファスティングつまり断食を行う時には、摂取するエネルギー量が不足するため、疲れやすくなってしまいます。

普段の体力があれば大丈夫なのですが、疲れている時などに始めるならば倒れてしまう危険もあるので、極度の倦怠感や疲れを感じる時は一時中断してください。

また、ダイエット中に低血糖やストレスが原因となって頭痛が起きる時がありますが、その場合にもダイエットを中断し消化の良い食事を取るようにしましょう。

酵素ダイエットを行う時の注意点

酵素ダイエットは、正しい方法で行うなら減量しながらデドックス効果も期待できる、健康的なダイエットです。

ですが、酵素ダイエットの原理や正しい方法を理解しないままに行うなら、体調を崩してしまう可能性があります。

これは酵素ダイエットだけに限らず、他のダイエット方法でも同じことが言えるので、挑戦する前には必ず正しい方法をよく理解する必要があります。

酵素ダイエットをスタートさせて体調に異変を感じ、好転反応なのか体調を崩しているのか判断するのが難しい場合には、中断して医師などに相談するようにしましょう。

健康的なダイエットライフを目指して、正しい方法で酵素ダイエットに挑戦してみてください。

酵素ダイエット実施中は特に気をつけたい水分補給について

次々と新しいダイエット方法が話題になる中で、長期間たくさんの人の関心を引いているのが、酵素ドリンクダイエットです。

気軽に始めることのできるダイエットと言われていますが、より良い効果を得るために幾つかの注意点もあるようです。

酵素ダイエットってどんなダイエット方法?

わたしたちの体内には、消化酵素と代謝酵素という二種類の酵素がありますが、現代人は代謝酵素が少なく痩せにくく太りやすい体質になっている人が多いのです。

そこで、酵素がたっぷりと入ったドリンクを使って酵素を積極的に体内に取り入れることにより、代謝酵素の働きが活発化することが期待できます。

そうすることによって、代謝が上がり体内の毒素や老廃物が排出されるようになり、太りにくい体質に変化することが期待できます。

方法としては、三食のうち一食を酵素ドリンクだけにする置き換え法や、一日から三日程酵素ドリンクと水分だけで生活する断食法など色々な方法があります。

こまめな水分補給が酵素ドリンクダイエットの成功の秘訣

水をたくさん飲むと、むくんでしまうという理由からダイエット中は特に水分補給を控える方もおられます。

確かに、味付けの濃い高カロリーの食事をしながらたくさんの水分を取るなら、むくんでしまうこともあります。

ですが、ダイエット中はいつもよりヘルシーで味付けの薄い食事をするので、体内の塩分が減り脱水症状気味になってしまう恐れもあるのです。

また、酵素ドリンク効果で体内の毒素が排出されやすくなりますが、その時水分をたくさん取るなら血液などの循環も良くなり、デドックス効果を上げることもできるのです。

そして、脂肪燃焼させる時も水分は必要ですので、酵素ドリンクダイエット中はこまめに水分を取るようにしましょう。

酵素ドリンクダイエット中にはどれくらい水分補給したらイイの?

酵素ダイエット中、特に酵素ファスティングダイエットを行う時にはいつも以上に水分を取る必要があります。

普段からも一日2リットル水を飲むようにと聞きますが、酵素ファスティングダイエット中は3リットル以上の水を飲むことをおススメします。

たくさん水を飲むことによって、毒素の排出ペースも上がり好転反応などの症状も出にくくなることが期待できます。

また、お茶などで水分を取るのではなくできるだけ水を飲むように心がけてください。

そして、体を温めたり血液の循環を改善することもダイエットの効果を上げるのに一役買いますので、水の代わりに白湯を飲むのもオススメです。

栄養面での注意点はある?酵素ダイエット中の注意点

健康とダイエットの両方を気にかけておられる方々から人気の高い酵素ダイエットですが、なぜそれほど人気が高いのでしょうか?

実際酵素ダイエットを始めてみる時には、どのような点に注意したら良いのでしょうか?

酵素ダイエットに不可欠な酵素ドリンクってなに?

酵素にはわたしたちの体内にある潜在酵素、と食物から摂取する食物酵素の二種類があります。

そして、毎日の生活の中で食べた物を消化したり代謝したりする時に、酵素は重要な働きをするので、もし酵素が不足するなら太りやすい体になってしまいます。

ですから、酵素を食物からも積極的に取り入れる必要があるのですが、食物酵素は熱に弱いため普段の食事からは取り入れにくいと言えます。

そこで登場したのが、生の野菜や果物から作られた酵素ドリンクで、このドリンクを飲むことによって効率よく酵素を取り入れることができるのです。

酵素ダイエット中は酵素ドリンクだけ飲んでおけば大丈夫?

酵素ドリンクの原料がたくさんの野菜や果物であるため、栄養は十分取れると思い食事には気を使わなくて大丈夫とお考えの方も多いようです。ですが、ダイエットをする際にたんぱく質が不足することにより、筋肉が弱まることがあります。

酵素ドリンクから、たんぱく質を摂取することは難しいので、ささみや牛ヒレ肉など脂質が少なく消化の良い食材を使ってたんぱく質を取り入れるようにしてください。

また、酵素ダイエット中は塩分やミネラルも不足しがちになるため、適量の塩分を取ることも大切です。

その際ただ塩を取ればよいというわけではなく、ミネラルを含んだ塩分を摂取することが大切なので、オススメなのが味噌汁を飲むようにすることです。

そして、体内に取り入れた酵素の働きを活発化させるためにも、毎日2リットル程度のミネラルウォーターを飲むようにもしてください。

酵素ドリンクのおススメな飲みかた

酵素ドリンクにはたくさんの栄養素が含まれていますが、野菜や果物を発酵させるためにたくさんの砂糖も入っています。

ですから、一度にたくさん飲むなら高カロリー摂取になってしまいますので、使用量の目安を守って飲むようにしましょう。

酵素ドリンクには砂糖が入っているため、そのまま飲むと甘すぎて飲みづらい場合もありますので、牛乳やヨーグルトなどとミックスさせて飲むのもオススメです。

また、酵素ダイエット中空腹を抑えたいという場合には、酵素ドリンクを無糖の炭酸水で割って飲むことをオススメします。

酵素によるファスティングダイエット後の回復食でリバウンドを予防

健康的にまたキレイに痩せるダイエット法として、多くの方々の中で酵素ファスティングダイエットが注目を集めています。

ですが、ファスティングつまり断食系ダイエットのあとのリバウンドを心配される方も多いものですが、減量成功後リバウンドしないためのコツはあるのでしょうか?

酵素ファスティングダイエット後の回復食が重要

ファスティング期間は、水分と酵素ドリンクだけしか口にできないので、終わったらお肉や甘いものなど好きなものを食べようと考える方は多いものです。

ですが、ファスティングによって休んでいた腸などの消化器系に、突然脂っこいお肉や甘いものを取り入れるのは危険と言えます。

なぜなら休んでいた消化器系はスポンジのような状態で、入ってきた油分や糖分をそれまで以上に吸収してしまうので、簡単にリバウンドしてしまうのです。

また、突然高カロリーの固形食物を取り入れることによって、消化器系に負担がかかり胃腸などを痛めてしまう危険も高いのです。

ですから、ファスティング期間が終わったなら体とリバウンドを防止のために、必ず回復食期間を設ける必要があるのです。

回復食期間はどのように過ごしたらいいの?

ファスティングを行った日数と同じ日数を回復食期間として設けることをオススメします。

たとえば、3日間ファスティングを行ったのであれば、三日間の回復食期間を設けて軽めの食事から少しずつ普通の食事に戻していきましょう。

ファスティングが終わった最初の日は、まず朝食に重湯から始めるなら空っぽの胃に負担をかけることなく次の食事につなげることができるでしょう。

そして、おかゆやお味噌汁といった消化の良いものをよく噛んでゆっくり食べるようにしてください。

酵素ファスティングダイエットから最大の効果を得るために

酵素ファスティングダイエットは、ただ断食期間を守れば良いというわけではなく、断食期間の終わった回復食期間もとても重要であることがお分かりいただけたでしょう。

また、ファスティングを始める前には、通常食から少しずつ消化のよい食事に変えていく、準備期間を設ける必要もあります。

そのように、ファスティングを行う前後の期間の食事内容にも気を配ることが、酵素ファスティングダイエットから最大の効果を得る秘訣と言えます。

酵素ファスティングを行うことによって減量できるだけでなく、痩せやすい体質に変化させる効果も期待できるので、一度試してみられるのはいかがでしょうか?