これは中断すべき?酵素ダイエットのNGケースついて

ダイエットに関心をお持ちの方であれば、一度は酵素ダイエットというダイエット方法について聞いたことがあると思います。

健康的に痩せられるという意見をよく聞きますが、体質的に合わない、もしくは中断したほうがよい場合もあるのでしょうか?

酵素ダイエットを行うことによって起きるかもしれない好転反応

現代人の体内には代謝酵素が少なく、そのため基礎代謝が下がり痩せにくく太りやすい体質になってしまっておられる方が多いようです。

そのような方は、酵素をドリンクやサプリの形で取り入れることにより、代謝酵素が増え体内に溜まった毒素が排出され減量することが期待できます。

ですが、体内に溜めこまれていた毒素が体の外に排出される際に、倦怠感や吹き出物などの好転反応の症状が出る場合があります。

これは体から不必要なものが排出され、体質が変化しているサインなので特に心配する必要はありませんが、水分をたくさん取ることにより、症状を和らげることができます。

こんな時は酵素ダイエットを一時中断すべき

酵素ダイエットをスタートさせて、好転反応とは言えないほどの倦怠感や疲れを感じる時には、酵素ダイエットを中止し体力を回復させるようにしましょう。

特に酵素ファスティングつまり断食を行う時には、摂取するエネルギー量が不足するため、疲れやすくなってしまいます。

普段の体力があれば大丈夫なのですが、疲れている時などに始めるならば倒れてしまう危険もあるので、極度の倦怠感や疲れを感じる時は一時中断してください。

また、ダイエット中に低血糖やストレスが原因となって頭痛が起きる時がありますが、その場合にもダイエットを中断し消化の良い食事を取るようにしましょう。

酵素ダイエットを行う時の注意点

酵素ダイエットは、正しい方法で行うなら減量しながらデドックス効果も期待できる、健康的なダイエットです。

ですが、酵素ダイエットの原理や正しい方法を理解しないままに行うなら、体調を崩してしまう可能性があります。

これは酵素ダイエットだけに限らず、他のダイエット方法でも同じことが言えるので、挑戦する前には必ず正しい方法をよく理解する必要があります。

酵素ダイエットをスタートさせて体調に異変を感じ、好転反応なのか体調を崩しているのか判断するのが難しい場合には、中断して医師などに相談するようにしましょう。

健康的なダイエットライフを目指して、正しい方法で酵素ダイエットに挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です