酵素によるファスティングダイエット後の回復食でリバウンドを予防

健康的にまたキレイに痩せるダイエット法として、多くの方々の中で酵素ファスティングダイエットが注目を集めています。

ですが、ファスティングつまり断食系ダイエットのあとのリバウンドを心配される方も多いものですが、減量成功後リバウンドしないためのコツはあるのでしょうか?

酵素ファスティングダイエット後の回復食が重要

ファスティング期間は、水分と酵素ドリンクだけしか口にできないので、終わったらお肉や甘いものなど好きなものを食べようと考える方は多いものです。

ですが、ファスティングによって休んでいた腸などの消化器系に、突然脂っこいお肉や甘いものを取り入れるのは危険と言えます。

なぜなら休んでいた消化器系はスポンジのような状態で、入ってきた油分や糖分をそれまで以上に吸収してしまうので、簡単にリバウンドしてしまうのです。

また、突然高カロリーの固形食物を取り入れることによって、消化器系に負担がかかり胃腸などを痛めてしまう危険も高いのです。

ですから、ファスティング期間が終わったなら体とリバウンドを防止のために、必ず回復食期間を設ける必要があるのです。

回復食期間はどのように過ごしたらいいの?

ファスティングを行った日数と同じ日数を回復食期間として設けることをオススメします。

たとえば、3日間ファスティングを行ったのであれば、三日間の回復食期間を設けて軽めの食事から少しずつ普通の食事に戻していきましょう。

ファスティングが終わった最初の日は、まず朝食に重湯から始めるなら空っぽの胃に負担をかけることなく次の食事につなげることができるでしょう。

そして、おかゆやお味噌汁といった消化の良いものをよく噛んでゆっくり食べるようにしてください。

酵素ファスティングダイエットから最大の効果を得るために

酵素ファスティングダイエットは、ただ断食期間を守れば良いというわけではなく、断食期間の終わった回復食期間もとても重要であることがお分かりいただけたでしょう。

また、ファスティングを始める前には、通常食から少しずつ消化のよい食事に変えていく、準備期間を設ける必要もあります。

そのように、ファスティングを行う前後の期間の食事内容にも気を配ることが、酵素ファスティングダイエットから最大の効果を得る秘訣と言えます。

酵素ファスティングを行うことによって減量できるだけでなく、痩せやすい体質に変化させる効果も期待できるので、一度試してみられるのはいかがでしょうか?